リアルな横浜野毛の深夜食堂

「深夜食堂」と言えば、安倍夜郎氏が描く漫画で、

テレビでもドラマ化されるなど、いち時期流行っ

作品です。ストーリーは、深夜0時に開店する不思

議な食堂に集まるお客さんとマスターとの人間模様

を描いています。

実際に深夜に開店する食堂なんてあるのか・・・?

フィクションのようですが、なんと横浜の野毛に、

似たお店が存在します。

それが、「阿武茶゛」(あぶぢゃ)という食堂。

深夜3時に開店し、朝まで営業する『深夜食堂』

存在します。

角地にあるビルの1階でそのお店はあって、看板

出ていなければ、ちっと早く行くとシャッターも閉

まってます。深夜3時になると「阿武茶゛」と書い

た白いのれんが掛かります。

中に入るとカウンターがあり、奥には4人ほど座れ

座敷がある。約15人も入れば満席になるお店だ。

50代の職人風の男性と、さらに高齢の女性が切り

盛りしています。

食堂とはいえ、ビールや焼酎などのお酒も取り揃っ

ていて、丼ものやお刺身も取り揃えているようだ。

全般的に日本食といいますか・・・。

お刺身は、タコ、エビ、マグロ、鯛。どれも新鮮で

非常に美味しいとの評判です。

お客さんのほとんどは、野毛の飲食店の方々。

自分の店が終わると、阿武茶゛に寄ってお酒を飲ん

だり、ご飯を食べて帰るのだそうだ。

午前4時を回るとお客さんも増え、カウンターは

ぼ満席状態。お客さんに聞くと店の魅力は「アット

ホームなこと。魚が美味しいこと、癒されるとこ」

とか。深夜の憩いの場となっているそうです。

まさに『深夜食堂』。このような『深夜食堂』は、

野毛に探すと結構あるようです。

横浜で飲んで遅くなったら、立ち寄って始発帰り

楽しいかもしれませんよ。

◆阿武茶゛(あぶぢゃ)
住所:神奈川県横浜市中区宮川町2-15
定休日:基本的に日曜日が定休日
おおよその営業時間:3:00-8:00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中