落とし物

息子が学校から帰ってくるなり、「落とし物を交

番に届けてきたよ。」と息子が言った。

私は「落とし物を拾ったの?」と聞くと、「うん、

1円を拾ったよ。」と答えた。

その直後、息子が落とし物を届けた交番から電話

が掛かってきた。

拾い主が未成年なので、保護者が届け出をしない

といけないとの連絡だった。息子を連れ、交番へ

向かった。

交番に着くと警官から「よいお子さんですね」と

ありがたい言葉。息子に「よく届けてくれたね!

」と声を掛けてくれた。

1円、たかが1円、されど1円。その1円玉は酷

く汚れて変形していた。その1円を見て、息子が

言った。「落とした人、見つかるといいな」。

何だか、その言葉に胸が熱くなり、涙が流れそう

になった。涙をこらえながら書類に記入した。

3カ月後に落とし主が現れなければ、息子に権利

がいくと説明を受けた。息子は「1円足りなくて

も、買い物できないから、落とした人は困ってな

いかな?」と心配していた。

この純粋な気持ちをいつまでも持ち続けてほしい

と私は願った。

投稿者 静岡県・女性

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中