反抗期

私は幼い頃から父親と二人暮らし。父は私を大事

な宝物のように可愛がってくれた。私の願い事は

自分を犠牲にしてでも叶えてくれた。誕生日や、

クリスマスも毎年してくれて、寂しい思いをしな

かったのを記憶してる。

けど、10代半ば頃から、父の優しさが凄くウザ

くなってきて、心配される事とか、口聞く事とか、

すべてがうっとおしくなった。私は毎晩遅く帰っ

て来て、父が心配してくれても、会話もせず無視

するようになった。友達と遊ぶ事が楽しくて、家

にも帰らなくなり、そんな毎日を繰り返した。

久しぶりに帰ったら、私の分のおかずや小さなケ

ーキが置いてあることがあった。とっくに誕生日

も過ぎていたのに。

毎日ご飯作って、いつ帰って来るのか分からない

私をずっと待っていてくれてたんだと思ったら、

切なくて悲しくて申し訳なくて涙が溢れた。

そして、テーブル置かれた小銭入れ、ボロボロな

汚い小銭入れ、私が幼い頃に父の日にあげたやつ。

父は、私を誰よりも何よりも大事な宝物なんだっ

て事が胸につきささり、父に優しくしてあげられ

なかった事に泣いた。あのとき以来、私はちゃん

と帰るようになった。

今、私は結婚して、もうすぐ子供が生まれます。

私は父がくれたあの愛情を、子供にたっぷりそそ

ぎたいと思う。そんな私をこれからも空から見守

っててね、お父さん。

こんな私を育ててくれてありがとう。

大好きだったよ!

投稿者 大阪府 女性

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中