時間の価値

俺はバツイチで息子と住んでいる。

今日も残業で遅くに帰路に着いた。

玄関のドアを開けると、6歳の息子が待っていた。

俺「まだ起きてたの?。遅いから早く寝なさい」
息「あのさぁ、パパに聞きたいんだけど。」
俺「なんだい?」
息「パパは、1時間にいくらお金をもらうの?」
俺「なんで、そんなこと聞くんだい?」
息「知りたいんだ。いくらなの?」
俺「う~ん、2000円くらいかな」
息「ねえ、ボクに1000円貸してくれない?」
俺「そんなこといいから、早く寝なさい!」

私は、仕事で疲れていたこともあり激昂した。

時間が経つにつれ私は後悔し始めていた。

少し厳しく叱りすぎたかもしれない…。

息子は今まで何かをねだることはなかった。

たぶん、買いたいものがあったのだろうと思った。

俺は息子の部屋のドアをそっと開けた。

俺「もう、寝たかい?」
息「ううん。」

少し泣いているようだった。

俺「今日は疲れて、ちょっとイライラしてたんだ。
   ごめんな、ほら1000円だよ。」
息「ありがとう。パパ!」

そして、枕の下に入れてあった数枚の硬貨を取り出した。

俺「おいおい、お金持ってるじゃないか」
息「だって足りなかったんだもん。」

そして、1000円札と硬貨を父親に渡して言った。

息「パパ、ボク2000円持ってるから、
  これでパパの1時間を買えるよね?」

 

投稿者 埼玉県 男性

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中