我が家のニアが・・・

我が家の一員の「ニア」。先日2年の短い人生を
終えました。老衰ならまだしも、短命だったこと
はもとても残念で、後悔の念に駆られます。
もっと何かしてあげられなかったのかと。
原因は腎不全でした。
※腎臓機能の低下で、自力で尿の排泄ができない。

家に帰るとニアはぐったりしていました。
訳も分からず病院を訪ねました。
1件目の病院で余命1~2日の宣告を受けました。
先生の話では一時的な処置は可能だけど、体力や
処置による痛み、精神的な苦痛・恐怖など等、
猫の負担が大きいので、治療はせず、死を受け入
れたほうがいいと言われました。

納得できず、2件目の病院へ。
余命宣告は同じでしたが助かるなら助けたいとい
う気持ちが大きい、処置を優先する先生でした。
ただし、万が一はあるので覚悟は必要との説明を
受けました。

我が家の結論は延命でした。どうしても助けたい。
2件目の病院で処置をしてもらいました。
その日はスムーズに尿を出す処置をして、ニアも
苦しさが和らぎ、元気が出たようで、ひと安心。
次の日は、再度尿を出す処置の後、今後の対応に
ついて先生と話する予定でした。
その当日、先生が尿管に管を通した瞬間、ニアは
意識がなくなり、ぐったりしてしまいました。
急いで心臓マッサージ。
20分続けましたが、静かに旅立ちました。

その時、考えさせられました。
この判断はニアにとって本当に良かったのか?
我が家で自然に亡くなったほうが幸せだった?
ニアにとって苦しいことは解かってたけど、ただ
少しでも長く一緒にいたかったのですが・・・

投稿者 大槻 淳一

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中