相鉄線から「羽田空港乗入れ」ができる?

昨年、JR東日本との相互直通運転を開始し、間

もなく1年ですが利用者は想定の5~6割程度と

苦戦しているようだ。その一方で、2022年度

下期に相鉄・東急直通線に期待が高まります。

そんな中、相鉄線から羽田空港方面の線路がつな

がるルートが話題になっていました。相鉄・JR

相互直通運転は、貨物線を利用し新鶴見信号場か

ら鶴見駅(旅客用のホームはない)を通過し、横浜

羽沢駅に至る区間がルートになっています。旅客

駅として新設された羽沢横浜国大駅は、貨物駅で

ある横浜羽沢駅のそばです。つまり、東京貨物タ

ーミナル駅発着の貨物列車と、相鉄・JR直通線

の旅客列車は鶴見駅から横浜羽沢駅・羽沢横浜国

大駅付近にかけて同じ線路を共用していることに

なります。物理的に東京貨物ターミナル駅から相

鉄線内への直通も可能になるのだ。現在、JR東

日本の構想では、羽田空港アクセス線(仮称)は

東京都心方面や千葉方面への直通列車の運転が考

えられているが、神奈川県側への列車は含まれて

いない。もし相鉄線と直通できれば、大和・海老

名といった神奈川県央部の都市から羽田空港への

アクセスが劇的に改善されるであろう。需要見込

み次第だが、相鉄・JR東日本の双方にとって「

悪い話ではない」と思う。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中