誠意ある説明

先日、父母が入っている墓地の新らたな契約、管

理料の説明会に参加して来ました。

この墓地、放漫経営で破綻してから既に20年以上

燻っているもので、再来年から新たな負担を求め

られる事になりまして、自分も含め参加者は皆、

最初は身構えていた様に思います。

なので、清算人の方の初めの挨拶に対して、極僅

かな拍手から始まったのですが、説明と質疑を経

て、最後に質問した方からの感謝の言葉では、壇

上の清算を担当されている方々の労苦を労う全員

の拍手で終わり、代表の方も声を詰まらせて応え

ていました。費やした年月と、参加者の年齢層の

所為でしょうかね。誠意って伝わるもんなんだな

と感じて、一寸不思議な感覚でした。その後の他

の説明会ではどうだったか判りませんが、一先ず、

良い方へ進みそうです。梅雨に入る前に、墓前に

報告に行って来ようと思います。

投稿者 小内 一明

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中