母の愛情

私は母が嫌で仕方ありませんでした。

何かにつけて口うるさく、何にしても干渉されて

いるようで、家を出ることばかり考えていました。

ある日、近くに部屋を見つけ引っ越しました。

これで、母から解放され自由な毎日を送れると嬉

しい限りでした。しかし、ひとり暮しの生活は、

バイトで疲れた身体には食事・洗濯・掃除はこた

えました。食事もコンビニ弁当やカップ麺が多く

なり、おまけに洗濯物もたたまず部屋にほったら

かす始末になっていきました。

ある日、バイトから帰ってくると玄関のドアノブ

に紙袋がさがっていました。中にはタッパに詰め

たおかず。母であることは言うまでもありません。

バイトで疲れた身体に母の作ってくれた肉ジャガ、

卵焼き、きんぴらごぼうにはとても有り難い気持

ちで一杯になりました。一緒にいる時は口うるさ

いだけの母だと思ってましたが、親としての愛情

だったのだと思いました。それでも、実家に帰る

と母に面と向かって何も言えず、ただ、黙って空

いた容器を台所に置くだけ。母も何も言いません。

しかし、心の底ではとても感謝です。

投稿者 広島県 男性

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中