母親の手紙 Part1

父親の転勤で大阪から新潟に引っ越した。

新潟で高校の入学が決まった後、父親の転勤が解け両親だけ

大阪に戻った。

私は下宿というかたちで新潟に残り、一人暮らし。

高校という新しい環境の中、友達も少なく、授業にも身が

入らず、ひとりの生活が上手くいかなくて気持ちが落ち込んだ

時期があった。

なんとなく、親の声が聞きたくなり、実家に用もなく電話した。

といっても、親に気を使わすのは嫌だし弱音吐くのは恥ずかしく

当り障りのない話をした。

しかし、何気ない会話の中で、ついポロっときてしまった。

もう帰りたいなー、って感じで。

「ヤバっ!」って思いつつも必死に平静を装ったが、感づかれた

らしく、「泣いてんの?」って言われた。

私は当然、「泣いてないよ!」って笑って誤魔化して、丁度良い

頃合いを見て電話を切った。

その数日後、母親から手紙が一通届いた。

「あんたが泣いていても私は行ってあげることができません。

だからあなたが泣いていると辛いよ。頑張れ!」 と。

ありきたりな文章と思いつつも思わず涙が出た。と同時にこの

親の子で良かった、って思った。

「私はまだ弱く、頼りない人間だけど、いつか恩返ししたい。

だからお願いします。その日まで元気でいてくださいね、

お母さん!」と心で願った。

(大阪府・女性)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中